milky wayで会いましょう

政治的・宗教的な話しに興味があるので 社会的問題等を話してみたいと思います

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

少年法 第61条など 無くすべきではないでしょうか?



ヤフーニュース
 
 
上村さんが遺体で見つかった現場を訪れ、献花する丹羽秀樹副文科相(中央)=川崎市川崎区で2015年3月6日午後5時11分、小川昌宏撮影


 
 
<川崎中1殺害>副文科相が事件現場で献花


 
 
毎日新聞・3月6日(金)20時27分配信


 
 
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150306-00000101-mai-soci
 
 
 
 丹羽秀樹副文科相は6日、川崎市役所を訪れ、福田紀彦市長に対し、事実関係の把握▽市と市教育委員会が進めている検証作業に外部有識者を入れる▽再発防止策の検討にあたり、警察や児童相談所などの関係機関と十分な連携を図る--の3点を要望した。
 
 これに先立ち、丹羽副文科相は事件現場で献花。「上村君が非常に皆さんに慕われ、事件に対する社会の関心がとても高いことを実感した」と述べた。【鈴木敬子】
 
最終更新:3月6日(金)20時41分


 
 
 
 
私見……


 
 
1日も早い 少年法の改正をして頂きたいものです


 
 
凶悪事件を起こした者は
たとえ 未成年者であったとしても 容疑者の実名などの公表が出来るように
少年法 第61条を
無くしてほしいものです


 
 
去年の暮れ…
主犯格のこの人物が
鑑別所から出てこなければ遼太君は これ等に
殺されなかったかもしれない…と思うと 本当に
可哀想でなりません


 
 
何故 人を殺した容疑者が未成年者だというだけで
守られなくてはならないのでしょうか?


 
 
被害者には冷淡で
加害者には甘い
この国のシステム
 
 
一体 何処の国なの
でしょうか?

 
 
保護観察の身でありながら再犯を犯した
この主犯格には
更正の余地など
最早 ないと
言えるでしょう

 
 
刑が確定していないから
実名報道は駄目だとか
何を言っているのでしょうか?

 
 
たとえ、刑が確定していなくても
主犯格達が遼太君を殺したのは 事実です


 
 
人を殺した次点で
一生 終わりです

 
 
ましてや、更正の可能性があるか?
ないか?は 裁判所で
決めることです


 
 
刑事事件が終わっても
民事事件は残ったままです


 
加害者が被害者側に
賠償金を支払うのは
当然のこと…
 
 
しかし 過去の少年事件を振り返れば 被害者に
賠償金が支払われたというケースは ほとんど 見受けられません
 
 
加害者側は 被害者側に
支払うべき 加害者としての責任の義務を果たして
きたとは 到底 言えません


 
人に重症を負わせたり
人を殺したら
伴うリスク=代償という
責任も大きいんだということを加害者は自覚し把握すべきではないでしょうか?
 
 




スポンサーサイト
  1. 2015/03/06(金) 22:21:29|
  2. 政治・経済
  3. | トラックバック:0

トラックバック

トラックバック URL
http://venaus.blog.fc2.com/tb.php/332-cf119ad1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。