milky wayで会いましょう

政治的・宗教的な話しに興味があるので 社会的問題等を話してみたいと思います

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

これが 現在 大学生が置かれた現状だと言うのでしょうか?




大学生の7割が経験 不当な“ブラックバイト”消えないワケ(日刊ゲンダイ)
http://www.asyura2.com/14/hasan92/msg/136.html
投稿者 赤かぶ 日時 2014 年 12 月 06 日 08:21:15:
igsppGRN/E9PQ



大学生の7割が経験 不当な“ブラックバイト”消えないワケ
http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/155526
2014年12月6日 日刊ゲンダイ

 学生が学業に支障が出るほど働かされる「ブラックバイト」問題が深刻化している。NPOや弁護士がつくる市民団体「ブラック企業対策プロジェクト」の調査によれば、バイト経験のある大学生約2500人のうち、「希望していないシフトに入れられた」「残業代不払い」など“不当”な扱いを受けたのは、約7割に上ることが分かった。

 これほど人手不足が騒がれ、売り手市場とされているのだから、ブラックバイト問題など消滅しておかしくないのに、なぜ問題は続いているのか。人事コンサルタントの常見陽平氏は言う。

「バイトする学生自体は減っていると聞きます。ですが、バイトせざるを得ない学生の切実度が増している印象です。求人は多いけど『家から通える』『授業のない日にできる』など条件が合うバイトは見つけにくい。結局、ブラックバイトをせざるを得ないケースが多いようです。そもそも、求人が多いのはブラック化が指摘される飲食など、一部の業種に偏っている。辞めて他に移っても、同じブラックな労働環境という場合も少なくないのです」

 アベノミクスによって、若者や主婦の非正規雇用者が急増したのも大きい。この2年間で非正規は100万人以上増えている。夫の実質賃金が減って、共働きせざるを得ない主婦が増えているためだ。悪い条件でも職を望む人が急増している。

「勤務時間に融通が利くフリーターなどが増加したことで、アルバイト市場における学生の価値も下がっています。バイト面接で、要望を伝えて何社も落とされた学生もいます。クビになりたくない一心で、劣悪な環境でも我慢するのです」(ブラック企業アナリストの新田龍氏)

 学生バイトも、「いつでも辞めればいい」なんて甘い世界じゃないようだ。



私見…


学費を稼ぐために バイトせざる終えない学生も
中にはいるでしょう…


学費を稼ぐのために
始めたバイトが 想像していた労働環境とは違っていたというのが現状なのかもしれません…


学生のバイトは卒業までの社会経験でもあります


卒業して 正社員として
就職が決まって 社会に出た時 バイト経験が役に立つことがあるはずです…


しかし 現代 学生を取り巻く環境下では 社会人になる前から 失望してしまう可能性すら考えられます


再び 金の卵の時代はくるのでしょうか?



スポンサーサイト
  1. 2014/12/07(日) 21:20:09|
  2. 社会
  3. | トラックバック:0

トラックバック

トラックバック URL
http://venaus.blog.fc2.com/tb.php/317-753ea1ad
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。