milky wayで会いましょう

政治的・宗教的な話しに興味があるので 社会的問題等を話してみたいと思います

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

創価学会内にある派閥!!


創価公明党でブレーキ役が務まらないのは 谷川佳樹一派なんだということを
確信しました(笑)


創価学会内に派閥があったのですね…


平和を願っているのは
正木正明理事長派です!!


命よりも権力にしがみついているのが 谷川一派だったんだということも確信しました!!


そして…
何時も 何時も 正木派の案を踏みにじってきた 公明党のだらしなさと自民党の非人情さに怒りを覚えます

正に崖っぷちの自民党…


創価学会の選挙協力なくして当選はないと言われてた意味も痛い程 痛感しました!!
正木派の支持がなければ
自民党自身 正木派の票で当選出来たとは言えない
からです!!


正木派が創価学会内では
平和の党にふさわしい派閥なのかもしれません!!

自公は特に正木派の婦人部の声こそ反映させるべきだったはず!!


それさえも出来ない
公明党と自民党に憤りを
隠せません!!


一体 今まで 自公政権は
何を見 何をしてきたのでしょうか?


創価学会に疑問を持ってる人は 創価学会内の派閥で正木派と谷川一派の違いを知るべき時なのかもしれません!!


週刊実話 6/19 号を
読んだせいか 正木派と谷川一派の違いを私自身
気づき始めました!!


正木派と公明党が
政教一致になった場合…
もしかしたら…
本当に平和の党と平和の宗教だと 言われるようになるかもしれません!!


カルトは谷川一派なのかもしれません!!(笑)


そんな ヒントが含まれてるブログを2チャンネルで見つけました(笑)
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
自民とGive and Takeしている公明党に、ブレーキ役は務まらない。(かっちの言い分)
http://www.asyura2.com/14/senkyo166/msg/784.html
投稿者 笑坊 日時 2014 年 6 月 14 日 20:04:47:
EaaOcpw/cGfrA


http://31634308.at.webry.info/201406/article_14.html
2014/06/14 19:27

今、公明党は自民党のブレーキ役と任じているが、政治は結果である。いくらポーズをとっていても、国民は自民と同類と見なす。昨日、公明党の集団的自衛権の限定容認について、やっぱり与党の地位が捨てられないのかと批判的に書いた。

公明党の支持母体が創価学会ということは、自明の理である。今や、自民党議員ですら、基盤の弱い議員は創価学会の支援なしに当選が出来ない状態に陥っている。この世界、ただでご奉仕する程、甘いものではない。選挙の時の動員は半端ではない。選挙運動をすることが、学会への最大の貢献らしい。

こんなことを書いたのは、実際に私自身、実体験からそう思っているからだ。まだ、我々家族と私の母が同居していたとき、突然母の親戚の子供という人から、近くまで来たので母に挨拶に(夕食時間に)寄りたいと電話があった。母自身も何十年も会ったこともない人の子であったが、母の親戚、つまり私の親戚でもあるので、失礼がないように食事を用意して迎えた。初めてなので、母を交えて歓談していた。ところが、今日宿を取っていないので、泊めてほしいと言いだしたのだ。初対面なのに随分大胆なことを言う人だと呆れたが、母の手前、いやだとも言えず泊ってもらうことになった。

ここからが本題であるが、いよいよ話すことも無くなった時期に、やおら、その人が国政選挙の話をはじめた。この選挙区から公明党の〇〇氏が出馬するが、その人に是非投票してくれないかと言い出した。その瞬間に、常識ではありえない今までの筋が、すぐに理解出来た。これが創価学会の活動かと納得がいった。心の中では「いい加減にしろ」と思いながら、もう投票する人は決まっていると言うと、気まずい雰囲気が流れた。その人は、翌朝、私が会社に出勤した後に起きて、平然と妻に朝食の給仕をしてもらって帰って行ったという。これが創価学会の活動の一端である。正直、この根性には他のどんな政党の運動員も負けるだろう。

この行動一つとっても、「カルト」と言われても仕方がないような行為である。公明党は、世の中に出てきたころ、世界平和を願う仏教に裏打ちされた「平和の党」と華々しく登場したが、戦後誰一人戦争で犠牲者を出させなかった憲法9条を骨抜きにするような憲法解釈に加担する党になってしまった。

それが、創価学会との「政教一致」と言わせないための対価、創価学会を「カルト集団」と言わせないための対価としたら、何のための宗教かわからない。こんなことを書くと、目を付けられ抹殺されるかもしれない危惧を抱くほど、タブーに触れているかもしれない。

創価学会の婦人部が集団的自衛権には反対していると聞く。それなら、こんなことを言わせないためにも、正々堂々と「政教一致」させて、阻止してほしいものだ。


スポンサーサイト
  1. 2014/06/14(土) 22:22:05|
  2. 宗教問題
  3. | トラックバック:0

トラックバック

トラックバック URL
http://venaus.blog.fc2.com/tb.php/272-18a5467f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。