milky wayで会いましょう

政治的・宗教的な話しに興味があるので 社会的問題等を話してみたいと思います

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

特定秘密保護法が成立=漏えい懲役10年―「知る権利」侵害の危惧(時事通信社)



 
 
◎特定秘密保護法が成立=漏えい懲役10年―「知る権利」侵害の危惧

http://i-mode.jiji.com/generalnews/article/genre/politics/id/1127774?uid=NULLGWDOCOMO&guid=on

 機密情報を漏えいした者への罰則を強化する特定秘密保護法が6日夜に再開された参院本会議で、自民、公明両党の賛成多数で可決、成立した。野党側がさらなる審議を求める中、与党は採決に踏み切った。これにより、防衛、外交、スパイ活動防止、テロ防止の4分野で、閣僚ら行政機関の長が「特定秘密」を指定し、漏えいした公務員、民間人は最高10年の懲役を科される。恣意(しい)的に秘密指定されかねず、チェック機能も不十分など「知る権利」侵害への危惧は残ったまま、公布から1年以内に施行される。
 採決では、賛成が130票、反対が82票。民主、共産、社民、生活の各党が反対した。衆院で修正合意したみんなの党と日本維新の会は、「拙速は認められない」として退席したが、みんなの一部議員は党の方針に反して本会議に出席し、反対した。
 菅義偉官房長官は6日深夜、東京都内で記者団に、「わが国を取り巻く安全保障環境が厳しい中、国の安全、国民の安全・安心を確保できる大切な法律が成立した」と述べ、意義を強調した。
 秘密保護の体制強化は、4日発足した国家安全保障会議(日本版NSC)の実効性を高めるため、米国など外国政府との情報共有を進める狙い。政府は、有識者でつくる「情報保全諮問会議」の意見を踏まえ、秘密指定する際の統一基準を策定する。指定の有効期間は5年以内で、更新可能。武器や暗号など7項目を除き最長60年。「知る権利」に関しては、報道・取材の自由に十分配慮することを明記した。 
[時事通信社]

私見…
 
 
知る権利 報道の自由・取材の自由は明記したと言っても 大日本帝国の時は
言論の自由・信教(宗教のこと)の自由が明記されていたにもかかわらず
言論弾圧や宗教弾圧が
あったそうです…
特に 社会主義者への
厳しい取り締まりなどが
なされたそうです…
大日本帝国憲法にはなかった 良心・思想の自由が
現憲法には明記されて
います…
この特定秘密保護法により良心・思想の自由・表現の自由・宗教の自由などが
再び 侵されやしないか
などの不安が払拭されたとは到底 言えません…
ましてや 何を基準に
スパイ活動と見なし
何を基準にテロと
見なされるのかさえ
曖昧なだけではなく
警察や官僚などの判断一つで スパイと見なされれば 逮捕され 投獄されてしまうという恐ろしさ…
そういう意味では非常に
危険すぎる法律だと
言えます…
 
 
廃案に出来なかった以上
特定秘密保護法の廃止を
望みます!!
 
 
この法律は 全国民にとって危険すぎる法律になり得る以上 廃止にすべきではないでしょうか?
 
 
貴方は 特定秘密保護法をどう思いますか?
 
 
 


スポンサーサイト
  1. 2013/12/07(土) 19:00:00|
  2. 政治・経済
  3. | トラックバック:0

トラックバック

トラックバック URL
http://venaus.blog.fc2.com/tb.php/217-9557b855
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。