milky wayで会いましょう

政治的・宗教的な話しに興味があるので 社会的問題等を話してみたいと思います

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

生活保護制度は生きてくための権利と義務です!!

 
 
 
【生活保護、引き下げ幅最大10%…見直し案提示】
 
http://fxya.blog129.fc2.com/?mode=m&no=6932&cr=2f2416598ffb1994cbdc002ab34c4dc6
 


 
 
何故 メディアは 「生活扶助費」しか言わないのでしょうか?
 
 
「生活扶助」て 生活保護の種類です
 
 
 
生活保護の種類
 
 
〇生活扶助
〇教育扶助
〇住宅扶助
〇医療扶助
〇介護扶助
〇出産扶助
〇生業扶助
〇葬祭扶助
 
と言うように8種類があるはずです
 
 
 
ましてや 生活保護制度は 第1条で言っているように生存権に基づいてつくられた制度だと言っても過言ではありません
 
 
 
生活保護の原則
 
 
無差別平等の原則(生活保護法第2条)
 
 
この原則は 法の下の平等(日本国憲法第14条)によるものだと…
 
 
 
申請保護の原則(生活保護法第7条)
 
 
 
それなのに 生活保護を申請すれば受給出来る対象にありながら 申請を出来ないために生活保護を受給出来ないままの人達が800万人いるそうです
 
 
この800万人の人達が早急に申請をし保護を受給出来るようにすべきではないでしょうか?
 
 
 
世帯単位の原則(生活保護法第10条)
 
 
被保護者の権利と義務
 
 
 
権利
 
 
 
不利益変更の禁止(第56条)
 
 
公課禁止(第57条)
 
 
差押禁止(第58条)
 
 
 
義務
 
 
 
譲渡禁止(第59条)
 
 
生活上の義務(第60条)
 
 
 
と言うように 生活保護制度は 生きるための権利と義務なんだと言うことが国会議員や官僚や行政には
何故 わからないと言うのでしょうか?
 
 
 
生活保護制度は恩恵ではありません
 
 
生きてくための権利と義務なんだと言うことを国会議員や官僚や行政は認識すべきではないでしょうか?
スポンサーサイト
  1. 2013/01/24(木) 21:27:07|
  2. 社会
  3. | トラックバック:0

トラックバック

トラックバック URL
http://venaus.blog.fc2.com/tb.php/116-4743f44d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。