milky wayで会いましょう

政治的・宗教的な話しに興味があるので 社会的問題等を話してみたいと思います

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

国の社会保障的義務が守られてきたとは 到底 いえません!!



 
 
ブログで知って 驚きました
 
 
自・公政権が 8月から
生活保護基準の引き下げを強硬しようとしていて
減額の通知が届いたと言う話しが ブログで 出始めています…
 
 
ましてや
保護費を3年かけて総額670億円(6・5%)も削減したことは、現在の生活保護制度発足後一度もありません。
 
 
と 言うことにも 驚きました
 
 
生活保護基準の引き下げをするのなら 政党交付金を廃止にしたらどうですか?
 
国民 1人あたり 250円の税金から 政党に交付されるのは おかしな話しです
 
 
何故 ここまで 社会保障を切り捨てるのでしょうか?
 
自・公政権を見ていたら
サラ金融みたいな やり方じゃないですか?
 
 
金を貸してあげてる
だから利子代を支払ってもらう
みたいな感じがしてなりません!!
 
 
生活保護制度は サラ金融ではありません!!
勘違いも 甚だしい限りです
 
 
 
〔生存権・国の社会保障的義務〕
 
 
憲法 第二十五条
 
 
② 国は すべての生活部面について 社会福祉 社会保障及び公衆衛生の向上及び増進に努めなければならない
 
 
となっているのに
国の機関は 厚労省になるのでしょうか?
 
 
厚労省や政府は 憲法 第二十五条 ②項に基づいて 
社会保障をしているとは
とても思えません
 
 
 
生活保護受給者に対してのバッシングも 止みません
 
生活保護制度は 公費負担医療制度の1つだということが 何故 わからないのでしょうか?
 
 
わからないのが 政治家だと言えるのでしょうか?
 
 
生活保護基準の引き下げ
水際作戦には 反対します
 
 
社会保障の切り捨ては
絶対に 止めて頂きたいものです…




スポンサーサイト
  1. 2013/07/25(木) 23:39:14|
  2. 政治・経済
  3. | トラックバック:0

参議院選挙を終えて 思うこと…



誰もが 感じてた 結果になりましたね
自民・公明の圧勝…


あまりにも 出来すぎた
結果ですよね


一体 誰のシナリオ通りなんでしょうか?


自民党は 公明=推薦の
候補者が 多かったような気がします…


創価学会票で 当選したてことでしょうか?


そんなに 創価学会票が
欲しいのでしょうか?


創価学会だけが 宗教ではありません!!


他の宗教票に関しては
関係ないてことなんでしょうか?
信じられません!!


今回 自民・公明に 投票した人達は 消費税が増税されても 構わないと言うのでしょうか?


自民・公明党に投票したてことは 賛成てことになります


増税を賛成するなんて
それこそ 信じられません!!


何でも かんでも 賛成の
与党の 自民・公明党ですからね…


本当に 国民のことを
考えてるとは とても
思えません!!


だから 私は 自民・公明党には 投票はしませんでした…


後悔しない投票を!!


したかったので 自民・公明党には 投票する気には到底なれませんでした


支持出来る政策が
なかったからです!!


ましてや 住んでる選挙区からは 公明党の候補者はいません!!
比例区のみです!!


衆議院選挙も同様です


選挙区からは 公明党の
候補者はなく 比例区のみでした!!


この先 自民・公明党を
支持するつもりはありません……




選挙区・比例区は
日本共産党に投票させて頂きました!!


議席は取れなかったけど 悔いはありません!!


自分自身が 後悔しない
投票が出来たので 悔いはありません!!



  1. 2013/07/22(月) 11:01:06|
  2. 政治・経済
  3. | トラックバック:0

憲法尊重擁護の義務




政経chから


宮崎駿 「憲法を変えるなどもってのほか。国防軍なんてダメ。徴兵?60歳でもまずは自分が行け」


【ジブリ宮崎駿監督がミニコミ誌で「改憲反対」のなぜ】


引用元:http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/news/1374131287/
ソース:http://gendai.net/news/view/108960



http://fxya.blog129.fc2.com/?mode=m&no=9661&cr=a6f4b7a42a7623288a70467210fbab07



本当に その通りだと思います


政治家や官僚は 戦場には行きませんから 政治家や官僚達こそ 戦地に行け!!て言いたくなりますよね


自分達は 戦地には 行かないから 関係ないのでしょう…


他人事で 憲法を 改正されることは 迷惑なことです


憲法 第九十九条は
憲法尊重擁護の義務です


全ての公務員に義務づけられているはずです



憲法 第九十九条を
守れない 公務員は
直ちに 公務員を辞めるべきです!!


公務員の資格はありません

公務員を辞めた上で
憲法改正を叫ぶべきでは
ないでしょうか?


憲法 第九十九条
憲法尊重擁護の義務


天皇又は摂政及び国務大臣国会議員 裁判官その他の公務員は この憲法を尊重し擁護する義務を負ふ


憲法改正に反対します!!

  1. 2013/07/19(金) 00:26:08|
  2. 政治・経済
  3. | トラックバック:0

これから ゆっくり 読んでみたい本…



 
 
面白そうなので
購入しました
 
 
 
これから ゆっくり
読んでみたいと思います
 
 
 



  1. 2013/07/09(火) 19:42:03|
  2. 音楽・本・ファッション雑誌
  3. | トラックバック:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。